4/20 『日常生活から免疫力をアップする??』


病気から体を守る事に必要な免疫力。
今回は、日常生活でできる免疫力アップについて紹介します。
 
日常生活で免疫力を上げるコツの1つめは
 
「笑う」です。
 
「笑う」ことで、コルチゾールやエピネフリンなどの
ストレスホルモンを減らすことができます。
コルチゾールは副交感神経を抑制してしまいリラックスができません。
副交感神経が優位な時に、免疫力はアップするので、
ストレスは免疫力を低下させてしまいます。
 
さらに、ストレスホルモンが減ると血圧が下がります。
 
笑うことで、免疫系にダメージを与える
ストレスホルモンを減らす効果が得られます。
 
また、笑うことによって、脳内のエンドルフィンと
ドーパミンの放出が増加し、免疫機能が向上するという
米ロマ・リンダ大学の研究結果もあります。
 
逆に、最近ストレスを感じている人は免疫力が
低下している可能性が高まってしまいます。
他にも、笑うことには、記憶力のアップ、
血行促進といった様々な効果が認められているそうです。
 
2つめは
 
「睡眠」と「昼寝」です。
 
医学専門誌『Arch Intern Med』で発表された研究によれば、
健康な被験者に風邪の原因となる「ライノウイルス」を
与えたところ、睡眠時間が7時間未満の人は、8時間以上の
人に比べておよそ3倍風邪にかかりやすい結果となりました。
 
もちろん、人によって健康習慣など、他の要因も
考えられますが、3倍は大きな開きがあります。
 
十分な睡眠をとらないと免疫力が
低下してしまうと考えた方が良さそうです。
 
でも、そんなに寝ている時間はないよというあなたには、
20分程度の昼寝でもOKです。
 
昼寝も免疫力を高めるといわれています。
 
そして3つめは
 
「音楽を聴く」です。
 
カリフォルニア州立大学バークレー校の科学研究機関
「Greater Good Science Center」による調査では、
音楽を聴くことが手術を受ける患者のストレスや痛みを
軽減すると発表しています。
 
「クリック音を聞く」
「ラジオ放送を聞く」
「心地良い音楽テープを聴く」
「無音」
 
の状態ごとに、被験者の大学生たちの
唾液のIgAレベルを測定しました。
 
※IgAレベルとは、病気に対して最前線で防御する
免疫システムで、体の中の重要な抗体です。
 
その結果では、心地良い音楽テープを聴いた後の
学生のIgAレベルは、他の状態に比べ、最も増加が
認められたそうです。
 
音楽によって先天性免疫がアップしたということですね。
 
ところで、免疫力を高めるコツの1つ目
「笑う」ですが、そんなに笑うことはない
という人もいるでしょう。
 
可笑しくもないのに笑えないし、無理して笑っても
効果がないんじゃないかと。
 
ところがです。
無理して、作り笑いをしても効果はあります。
 
鏡を見ながら笑顔を作ると、目を通して笑顔の情報を
脳は受け取って、笑っていると認識します。
 
作り笑いでも嘘で笑っていても、
脳にとっては笑いは一緒なんです。