2/27 『知識は密』

昔から知識は蜜に例えられていました。
 
様々な逸話がありますが、ミツバチが花を飛び回り
少量ずつ蜜を集め、毎回ミツバチの集める蜜の量は
ごく少量です。それがいつか蜂の巣から
蜜がしたたるほどに集められます。
 
知識は少量ずつ蓄積していきます。
その時は関係ないと考えるような内容であっても、
ある時、ふと役に立つことがあります。
何気なく目にしていてもその場で、
もしも忘れてしまっても、
脳には、その情報が蓄積しています。
 
あなたが「どうする?」と
悩んだ時に、脳が一生懸命情報の中から
役に立ちそうな者を引っ張り出してくるのです。
 
ですから、関係なさそうな内容でも、
目を通す事は重要です。
 
そして、役立つ情報だなぁと少しでも思えたものは、
周りに人に伝えて頂きたいのです。
 
知識は蜜

という例えは、それを使う時に
大きな意味を持っています。
 
情報は集められ、知識になります。
知識はデータベースのようなものです。
そのデータベースに溜まった知識を
必要な時に、使うことができて
知恵と変わります。
 
集められた蜜が知識であれば、
それを滋養に使い食卓を彩り、
子ども達の喜びに使った時、
 
その蜜は、
薬となり、甘味となって
役に立つことができるのです。
 
私たちの協会はコミュニケーション、
リラクセーション、食というものを
カリキュラムに据えて皆さんにお伝えしています。
 
知識だけでうつ予防になるのか
という意見もあります。
 
私たちは、知識を広めていくことで、
それがすぐに役立たなくとも、
必ず、心が少し凹んだ時に
役立ってくれると考えています。
 
困った時に、心の中からこう言うこともあった、
あんな話があったなと脳が教えてくれると
その困った場所から抜け出すことができます。
 
また、
知識を持つことによって、
周りを見る目が変わります。
この人はストレスがあるという事が
分かるようになってきます。
 
こういう人がたくさんいるとストレスが
溜まってしまった人が安心していられる
場所になります。
 
理解がないと、居づらくなって、
立ち去ってしまうことになります。
 
ストレスは、誰にでもあるものです。
むしろ、人間に欠かせないものです。
そのストレスを抱えている時に、
少しでも生活しやすい場所を
広げる活動にご協力ください。

ストレスと付き合いストレスの正体を
見極めることがうつ予防になります。
心の免疫力アップに繋がります。
 
一人でも多くの方に心の免疫力を
高める知識を得て日常生活に
生かしていただければ。と考えています。