【うつ予防通信】企業がすべき取り組み

もしも、うつ病を発症してしまった
社員を抱えているとしたならば、
その社員に対して生活保障をすることは、
企業の責任として当然です。

企業が考えなければならないのは、
今後社員がうつにならないような
予防対策を強化することです。

うつに対する企業防衛とは
うつを抱えた社員の生活保障に
責任を持ち、復職に向けて専門家に
任せて症状の改善を見守る一方で、
同じ就労環境であっても、ストレスと
折り合いをつけて、うつ病の前兆を
示していない社員を守ることです。

うつ病の予防を積極的に行うことで、
有能な社員をうつ病で失うことなく、
企業が労災保障の負担に怯える
必要がなくなります。

社員を守り、企業を守るうつ病予防は
ストレスを発生させても溜め込まない
という対策が必要です。

これまで行われてきた
ストレスマネジメントや福利厚生施設
の充実だけで万全といえるでしょうか?

うつ病の原因となるストレスを
生み出すストレッサーは人によって
千差万別です。

上司が個別にストレッサーの発生を
チェックすることは難しく、
専門家のサポートを受け、
ストレッサーの解明をしていく必要があります。

かおの表情、態度、行動から
うつ病の前兆を発見できる段階は
ストレスがかなり溜まっている状態です。

企業はそれよりも前に
手を打たなければなりません。

ストレスを生み出していることを、
表に出さない人もいるので、
様子を見て判断するのは難しいです。

中にはストレスがあることを
自覚していない人もいます。

うつ予防に取り組むためには、
ストレスを発生させても、
それを流すことができる能力を
養っていく必要があります。

最後までご覧いただきありがとうございます。

p.s.

うつ予防管理士協会では、
うつ病を予防する知識を普及す
ることを目的とし、活動をしています。

一社にうつ予防管理士を一人、
また、うつ予防セミナーを企業で
開催しています。

ストレスチェックが義務化されたり、
メンタルヘルスへの取り組みが
注目されてきた今だからこそ、
うつ予防に関する知識が必要なのです。

また、うつ予防管理士協会では、
メンンタルライフアドバイザーを育成し、
うつ予防の知識普及の取り組みに
賛同される方を募っております。

メンタルライフアドバイザー資格講座について
⇒ http://doll-ex.jp/L3424/b5343/11491

詳しいお話しをご希望の方は
ぜひご連絡ください。

⇒ 03-5422-9355

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■うつ予防メルマガ■■

発行 一般社団法人日本うつ予防管理士協会
⇒ http://doll-ex.jp/L3424/b5343/21491

バックナンバー
⇒ http://doll-ex.jp/L3424/b5343/31491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールがいらない方は、

下記をクリックしてください。

⇒ http://doll-ex.jp/rm3424/1/5343/149/g4jxiv7mpu69%40utsuyobou.com/

【広告】
メールマガジン配信はエキスパートメール
⇒ http://doll-ex.jp/L3424/b5343/41491