【うつ予防通信】うつ予防は今からでも遅くない。

うつ病を発病する社員を
抱えるということは、
その完治まで会社は面倒を
見なければなりません。

景気がなかなか回復しない状況下で
体力を消耗する企業が多い中、
うつという問題を抱えてしまうことは
致命傷になりかねません。

10人いれば、
そのうち2人はうつ状態にある
可能性があるのです。

うつ病になる可能性は
誰にでもあります。

うつ病は個人の問題ではなく
企業全体の問題です。

発症してしまい、
過労死や自殺につながって
しまった場合には、賠償責任も
重いものになり、企業としては
大きな痛手に繋がります。

対岸の火事ではなく
我が身のことを考え。
うつ病に対しての予防策を
取ることが企業としては急務です。

国の方針は、労働環境が悪ければ、
ストレスが増え、その結果精神障害
などが増えるという考え方を
示しているので、企業はその責任を
取らなければなりません。

うつ病が発症した社員の休職や
復職についても、企業側は大きな
負担をしなければなりません。

その対策として、精神障害などの
保証も含めた企業向けプランを
揃える保険会社も増えてきています。

大手保険会社の調査データによると
メンタル疾患による1ヶ月以上の休職者が
いる大企業は7割を超え、また、最も多い
年齢層は働き盛りの30代と6割の企業が
解凍しています。

今からでも遅くはありません。

メンタルヘルスケアは企業の安全衛生管理
としても大切です。

これからメンタルヘルス対策なしで
企業は生き残っていけない時代と
なっていくでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

p.s.

うつ予防管理士協会では、
うつ病を予防する知識を普及す
ることを目的とし、活動をしています。

一社にうつ予防管理士を一人、
また、うつ予防セミナーを企業で
開催しています。

ストレスチェックが義務化されたり、
メンタルヘルスへの取り組みが
注目されてきた今だからこそ、
うつ予防に関する知識が必要なのです。

また、うつ予防管理士協会では、
メンンタルライフアドバイザーを育成し、
うつ予防の知識普及の取り組みに
賛同される方を募っております。

メンタルライフアドバイザー資格講座について
⇒ http://doll-ex.jp/L3424/b5343/11471

詳しいお話しをご希望の方は
ぜひご連絡ください。

⇒ 03-5422-9355

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■うつ予防メルマガ■■

発行 一般社団法人日本うつ予防管理士協会
⇒ http://doll-ex.jp/L3424/b5343/21471

バックナンバー
⇒ http://doll-ex.jp/L3424/b5343/31471

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールがいらない方は、

下記をクリックしてください。

⇒ http://doll-ex.jp/rm3424/1/5343/147/g4jxiv7mpu69%40utsuyobou.com/

【広告】
メールマガジン配信はエキスパートメール
⇒ http://doll-ex.jp/L3424/b5343/41471