12/8 『心因性腰痛』


 
 
 
医師に相談しても、レントゲンを撮っても異常がない。
でも、腰は痛い。
こんな謎の腰痛で悩んでいる人はいませんか?
 
こんな方は「心因性腰痛」の可能性があります。
 
 
心因性腰痛症とは、
 
「ストレスにより自律神経が影響を受け、
 交感神経と副交感神経のバランスが崩れて
 血行が悪くなったり、筋肉が長時間緊張
 することで起こる腰痛の事」
 
です。
 
 
また、体が痛みを感じた時に痛みを分泌され、
痛みを緩和してくれるドーパミンの分泌量が
少なくなり、さらに痛みを感じてしまいます。
 
こうなってしまうと、
ストレスを受ける→ドーパミンの分泌量が減る
→痛みを感じる→痛みがストレスになる→
ドーパミンの分泌量が減る→より痛みを感じる
→痛みがよりストレスになる→・・・・・
 
 
 
と、負のスパイラルに陥ってしまいます。
 
仮に、原因がはっきりとしていても、
ストレスにより痛みが増幅されている
可能性があります。
 
3か月以上続く腰痛に悩んでいる人の約80%に、
抑うつ状態が見られたという研究結果もあります。
 
 
 
心因性腰痛の特徴としては、
 
 
①原因がはっきりわからない腰痛が多い
②慢性的に痛んだり、痛むところが違う
③悩みの深さによって痛み方が違う傾向がある
 
 
心因性腰痛の人は、整形外科での治療の他、
心療内科や精神科での治療をおすすめします。
 
 
体と心の両方からアプローチする事で、
より早い完治が出来るでしょう。
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■■ストレス解消法セミナー■■
毎週水曜日に東京本社会議室にて行っております。
定員8名の少人数なので、都度質問が出来る
アットホームな雰囲気となっております。
ご興味がある方は下記を参照下さい。
https://peraichi.com/landing_pages/view/stress
 
■■うつ予防メルマガ■■
毎週木曜日にストレスやうつ予防に関する知識を
メルマガで配信してますので、こちらも是非、
チェックしてくださいね!!
https://stupidity-ex.jp/fx3424/1
 
■■日本うつ予防管理士協会HP■■
http://www.utsuyobou.info/