11/14 『ブロッコリーがうつ予防に!?』


 
 
 
”千葉大学社会精神保健教育研究センターは、
ブロッコリーなどの野菜に含まれる化合物
 
「スルフォラファン※」
 
が、うつ病の予防や再発防止に
効果があることを突き止めた。
研究した同センターの橋本謙二教授(57)は
「身近にある化合物で(症状の発症率が)
劇的に変わるとは」と驚きの表情。
不明な点が多いうつ病のメカニズムを解明する
一筋の光になりそうだ。”
 
と、発表しました。(千葉日報引用)
 
  
※「スルフォラファン」とは、
ファイトケミカルの一種で
ブロッコリーやブロッコリーの種子である
ブロッコリースプラウトに微量に含まれている
成分で、優れた解毒作用や抗酸化作用を持つ。
 
 
 
ブ、ブロッコリーにこんな効果があったとは・・・。
  
 
世界保健機構(WHO)は、世界中で3.5億人が
うつ病を発症し、年間80万人が自殺している
と報告している。
 
うつ病の治療として、
抗うつ薬などの薬物治療が使用される事が多いが、
既存の抗うつ薬が効かない治療抵抗性の患者もいる。
ストレスなどの要因がうつ病の発症に関わっている事が
知られているが、詳細なメカニズムには不明の点も多い。
 
 
研究では、
健康なマウスとストレスを与えて「うつ状態」に
なっているマウスそれぞれに普通の水とショ糖が
入った甘い水を飲ませると、健康なマウスは70~80%の
割合で甘い水を飲むが、うつ状態だと50%に減少する。
しかし、事前にスルフォラファンを注射しておくと、
ストレスを与えても健康なマウスと同等程度の症状を
示したことから、うつ症状の発症を予防できる可能性が
発見された。
 
 
食事での栄養の取り方1つで薬物に頼らずとも、
うつの予防ができる可能性が示されたのです!!
 
 
もちろん「ブロッコリーやブロッコリースプラウト」を
毎日食べていれば良いという事ではありません。
 
1番大切な事は、
『野菜や魚を取り入れたバランスの良い栄養のある食事』
 
です!!
 
日々のバランス良い食事の中に
ブロッコリーやブロッコリースプラウトを
上手に取り入れていってくださいね!!
 
  
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■■ストレス解消法セミナー■■
毎週水曜日に東京本社会議室にて行っております。
定員8名の少人数なので、都度質問が出来る
アットホームな雰囲気となっております。
ご興味がある方は下記を参照下さい。
⇒HPページ:http://www.utsuyobou.info/schedule/
⇒LPぺージ:https://peraichi.com/landing_pages/view/stress
 
■■うつ予防メルマガ■■
毎週木曜日にストレスやうつ予防に関する知識を
メルマガで配信してますので、こちらも是非、
チェックしてくださいね!!
https://stupidity-ex.jp/fx3424/1
 
■■日本うつ予防管理士協会HP■■
http://www.utsuyobou.info/