11/10 『あいさつが世界を変える!?』


 
 
朝のニュースであいさつ禁止をした
マンションがあるということを聞いて
驚きを隠せなかったので、
なぜ、あいさつが大切なのか?
 
を考えたいと思います。
 
 
 
そもそも、
 
 
 
『防犯上あいさつをしない』
 
 
 
というのは如何でしょうか?
 
 
普段からあいさつをしていて、
地域でコミュニケーションが取れている集合住宅の方が、
空き巣などの被害が少ないので、地域の防犯上としても
あいさつを積極的にしていた方がいいに決まっています。
 
 
みんなであいさつする事で、
あいさつをしない人は避けるようになります。
 
 
あいさつをしない人が避ける地域には
「知らない人」が居なくなります。
「知らない人」が多いよりも
「知っている人」が多い地域の方が
コミュニティ力が上がり、防犯上も
精神衛生上も気分がいいのではないでしょうか?
 
  
メンタルライフアドバイザーの
資格を取得している方はご存知だと思いますが、
あいさつをすると、あいさつをされた人も、
あいさつをした人も脳からオキシトシンという
ホルモンが放出され不安感を和らげる効果があります。
 
 
1日の始まりにあいさつをすることは
お互いの心の安定を保ち、
精神を健やかにする為、
ストレスにも大変効果があります。
 
 
集合住宅という自身が住んでいる地域や
会社という組織であれば尚更、
お互いに気持ちの良いあいさつをすることが
大切だということが分かっていただけるかと思います。
 
 
 
 
さらに、
 
 
 
 
オキシトシンは
「癒しの蜜」とも「幸せホルモン」
とも呼ばれており、放出される事で、
幸福感が得られ、免疫力もアップします。
 
 
  
人は接触しながら生きていく生物です。
 
 
 
あいさつによって
人と人が接触することで、
お互いのストレス、幸福感、不安感、
免疫力にも影響していきます。
 
子供が親に抱っこを求める行為も
大人も子供もお互いにとって、
とてもいいことなのです。
 
また、フランスでは、
年をとると、人と触れ合う機会が
減ってしまうため、老人ホームなどで
「接触」が治療の一環と考えれらており、
人や動物と接触することを増やすといった
試みも行われています。
 
あいさつがキスや抱擁の地域もあるのに、
なぜ日本人は、お辞儀して、声をかけることすら
しなくなってしまっているのでしょうか?
 
ストレスにストレスを重ねあうよりも、
たがいに気持ちのよいあいさつを
心がけ、人と人が互いに関わり
あっていける地域や家族、
コミュニティを作ることを
一人一人が心がけていれば、
ストレスにとても効果的なのです。
 
 
 
 
 
 
大切な人にあいさつをしていますか?
 
 
 
 
 
 
大切な人に触れていますか?
 
 
 
 
 
 
今週はあいさつ週間にしてみては
いかがでしょうか。
 
 
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
今回の記事は、本日発行のメルマガから抜粋ております。
こんな内容を毎週木曜日に発行していますので、
是非、下記リンクより登録お願いします!!
https://stupidity-ex.jp/fx3424/1
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■■ストレス解消法セミナー■■
毎週水曜日に東京本社会議室にて行っております。
定員8名の少人数なので、都度質問が出来るアットホームな雰囲気となっております。ご興味がある方は下記を参照下さい。
⇒HPページ:http://www.utsuyobou.info/schedule/
⇒LPぺージ:https://peraichi.com/landing_pages/view/stress
 
■■うつ予防メルマガ■■
毎週木曜日にストレスやうつ予防に関する知識をメルマガで配信してますので、こちらも是非、チェックしてくださいね!!
http://www.utsuyobou.info/mailmag/
 
■■日本うつ予防管理士協会HP■■
http://www.utsuyobou.info/