10/17 『精神疾患と社会情勢』


 
 
 
 世界保健機関(WHO)は、平成24年に世界で少なくとも
3億5千万人がうつ病の患者とみられるとの統計を発表しました。

これは、世界中で日本の総人口よりも多くの人が
うつ病に苦しめられている事になります。
 
日本国内においても厚生労働省の患者調査によると、
精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、
近年大幅に増加しており、平成26年は390万を超え、
400万人近くとなっております。
内訳として多いものから、
 
うつ病(111万人)
統合失調症(77万人)
神経症性障害(72万人)
認知症(53万人)

などとなっており、
うつ病や認知症などの著しい増加がみられます。

さらに、わが国では自殺によって命を落とす方の
約半数の方が自殺直前の段階でうつ状態にあると
言うれており、うつ病は今や深刻な社会問題といえます。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■■ストレス解消法セミナー■■
毎週水曜日に東京本社会議室にて行っております。
定員8名の少人数なので、都度質問が出来る
アットホームな雰囲気となっております。
ご興味がある方は下記を参照下さい。
https://peraichi.com/landing_pages/view/stress
 
■■うつ予防メルマガ■■
毎週木曜日にストレスやうつ予防に関する知識を
メルマガで配信してますので、こちらも是非、
チェックしてくださいね!!
https://stupidity-ex.jp/fx3424/1
 
■■日本うつ予防管理士協会HP■■
http://www.utsuyobou.info/